いじけてる彼氏惚れ直す

そんなこんなでこの前のそのプレ花嫁会は結局終電間際まで続いて、ずーっと話し続けました。

お茶代は既婚の友達は払わしてくれなかったので、夕飯は、これから式を挙げる友達と二人で強引に既婚の友達の分も払わしてもらいました。

深夜までしゃべってたし、家に帰って求人を見てすぐ寝たのでLINEも返さなかったら、次の朝ちょっといじけてる彼が可愛かったです。

改めて朝メンズエステの求人を見てるといい条件が並んでいたので、やっぱりトライしてみたいのが本音でした。

でも彼に嘘は付きたくない、バレることはない、とは書いてあるし、既婚の友達はバレなかったと言っていたけど私の性格上無理なので、彼に横浜エリアにあるメンズエステのセラピストの求人を送ってストレートに聞くことにしました。

そしたら彼は即OKだしてくれました!サービスがいやらしいことはない、って書いてあるし、俺は信じるよ。とも言ってくれて嬉しかったです。な

んだかまた惚れ直しちゃって一日も早くプロポーズされたい気分です♪

私にはもったいない彼氏だし、かっこいいし、優しいし、なにより愛してくれる彼をこれからも先ずっと支えたいし笑顔で横に入れたらな、と思います。

幸せだな!

既婚の友達の貯金のヒミツ

驚いている私には気には止めず、既婚の友達は淡々と話しました。

友達はプロポーズをされた後から、求人を見て、そのメンズエステのサロンでセラピストとしてサービスしていたそうです。なんでもいやらしいこと一切なしで、高時給が可能なんだとか!

待機中にもお給料が出ると超優良店が横浜エリアにあるそうです。

その既婚の友達は旦那さんが定期的に出張があるので、その間に今でもこっそり働いている、とも教えてくれました。金銭的な余裕があれば、精神的にも余裕が出来て、喧嘩も減ったし、結婚式のやりたいこともできた。と言ってました。

貯金もいっぱいあるから、将来の心配も少なくなったし、旦那さんにイラっとしても、まあ私にはこれだけ貯金があるから大丈夫。と思えるそうです。

何度か旦那さんにも会っていますが、確かに喧嘩がなさそうな夫婦だな、とは思っていたけれど、そんな秘密がその既婚の友達にあったなんてびっくり!

一緒にいた友達もかなりびっくりしていました!

そして私たちにもメンズエステでのアルバイトをすすめてくれました。

セラピストとして未経験でもあっと驚く高時給が稼げるとかで帰ったら早速求人を見たのですが、なんだかワクワクが止まりません。

結婚式のDIY

既婚の友達が教えてくれたのは、こだわろうとすればするほどお金がかかるのは確か。

DIYとかでお金を抑えることはできるけど、上手い人でないとやっぱりちゃっちい感じが出てしまうこと、時間がとにかくないこと、お金の事で旦那さんと喧嘩は避けられないこと、とまず教えてもらいました。

私も式予定の友達もやっぱり妥協はできないよね、ということで一致していたので、悩んでしまっていました。また、結婚後のお金は残しておいたほうがいいよ、とも教えて貰いました。

自分だけの旦那さんが知らない貯金があったほうが絶対にいい!と。

両親からもらったお金も隠してもっているけれど、それはいろんな意味で使えない。

だから結婚前の自分で稼いだお金って絶対に必要だよ、と。

私は貯金があまりないので不安な旨、ダブルワークの求人をみて探している、と伝えると、既婚の友達が初めて聞く単語を発したのです。

「メンズエステ」って知ってる?と。

私はお恥ずかしい話まったくの初耳でした。

メンズ、とエステ、という単語はもちろん別々に聞いたことがあったのですが二つ合わさった言葉は初めてでした。

いやらしいお店なの?ときいたらそんなことないよ!普通にマッサージするだけだよ、と。

プレ花嫁会+卒婚

横浜エリアで2人でプレ花嫁会を開くことになったけれど、結婚式経験者の共通の既婚の友達を1人呼んで先生をしてもらうことになりました。

ケチなのでランチは割り勘して、お茶代だけおごるよ!と言ったら、むしろおごりたいくらいだよ、話聞いて、と既婚の友達が言ってくれました。

昔から優しくて気が配れる女の子なんですよね。

だから先に結婚できたのかな?

お昼集合でランチ中は近況報告とか、共通の友達の噂話だけであっという間に11時に入店したけれど4時間ぶっ通しで一秒も休むことなく話していました。

でもずっと居座り続ける嫌な客な私たちに店員さんは優しくおかわりのコーヒーをさりげなく持ってきてくれてサービスがいいな、と感心していると、既婚者の友達が、こうやって気配りできる人がいる結婚式場がいいよ、と教えてくれました。

クチコミが大事だってことを教えてもらったりしたけれど、まだまだ話し足りなくて、今度はマッサージ屋さんの隣にあるソファ席があるカフェに言ってまたマシンガントーク!

16時ころになって、やっと結婚式のことを本格的に聞くことになりました。

そのまま夕飯もどこかで食べようとなりました。

夕飯いらないコールをしている既婚の友達が幸せそうでした。

プロポーズ予告!

今の彼氏にもうすぐ記念日にプロポーズするよ、待っててね♪と、宣言されている私。

ワクワクが収まらなくてそのことを友達にフライングで言ったら、実は私はプロポーズされたんだよね、と話してくれました♪

お互い誕生日が5月で、来年の誕生日前後には式あげたい!と希望が一致していてびっくり。

仲いい友達もかぶってるから、結婚式の内容もかぶらないように情報交換しつつ定期的にプレ花嫁会を開こう!と話していました。

はまっ子どうしなのでやっぱり結婚式は親戚や友達も出やすい横浜駅周辺か、みなとみらいエリアがいいかな?とかもう話すだけでもうワクワクしちゃいます。

その友達が冷静になると結婚にかかる費用とか将来の貯金とか不安だよね…と言われて確かそうだと思いました。

結婚するしない、子供いるない、の中でも貯金がどのくらいあればいいのか不安な世の中ですよね。

来年の5月まででも副業として働けるとこがあればな、と考えてしまいます。ついつい求人を見てしまう毎日だけれども、本業もあるし、工場とかの日雇い労働もキツイときいてちょっと二の足を踏んでしまいます。そんな明るい話題も位話題もいつもその友達と話していました。

ついこの間までは。

Sample Post – Delete To Start Your Own

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Donec sit amet risus sapien. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et Welcome phrase in different languagesnetus et malesuada fames ac turpis egestas. Phasellus adipiscing neque eu tellus volutpat, ornare pulvinar felis iaculis. Donec vel rutrum sem, eget sollicitudin sapien. Phasellus mauris urna, venenatis tristique urna at, rhoncus dictum turpis. Aenean malesuada sodales lectus in pellentesque. Etiam rhoncus, dui vehicula dictum congue, enim odio pulvinar lectus, bibendum tristique nisi velit vitae libero. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Vivamus rutrum arcu quam, eu molestie odio gravida vitae. Vestibulum faucibus metus nec cursus eleifend.

Integer nec nibh id nulla tempor commodo. Suspendisse a fermentum urna. Donec laoreet eu ante vitae laoreet. Morbi tellus elit, faucibus vel lorem at, auctor viverra ipsum. Mauris eleifend, massa a rutrum rutrum, nulla dolor rutrum erat, in consequat elit nisi quis enim. Curabitur ornare tempus nisi at elementum. Aliquam nec rutrum justo. Aliquam augue purus, venenatis nec enim nec, fringilla ultricies orci. Maecenas vel facilisis lacus, vel posuere odio. Donec lacus ante, ultricies quis erat non, dapibus elementum orci. Fusce tempus libero varius semper sollicitudin. Aenean consectetur blandit nisi quis lobortis. Aliquam massa augue, rhoncus sit amet turpis sed, euismod convallis orci. In sed nunc eu est pharetra scelerisque. Nam in bibendum lacus. Vestibulum in varius sapien.

Mauris quis imperdiet orci, faucibus adipiscing sem. In diam sapien, blandit a congue tincidunt, malesuada nec felis. Nunc quis felis nec nibh dictum sodales. Vivamus malesuada euismod lectus at tincidunt. Nunc quis enim in erat dignissim ultrices non nec nisl. Nam non elit luctus, sagittis est sit amet, luctus leo. Nulla dictum elit sapien, vitae fermentum lorem ultricies eu. Cras consequat risus sit amet lectus dictum aliquet. Morbi nec fringilla tellus. Nam rhoncus, magna sit amet lobortis laoreet, neque nibh varius dolor, ac dictum odio risus ac sapien. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Suspendisse eu odio vitae sem sagittis dignissim quis in est. In aliquet neque vel euismod interdum. Donec porttitor sodales orci quis ullamcorper. Morbi eget pulvinar purus, nec ultrices justo. Nulla volutpat est augue.

Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Phasellus gravida magna risus, et interdum enim viverra non. Donec quis odio faucibus, ultricies tellus eget, vehicula dui. In eget ipsum ut nulla faucibus dapibus. Nulla facilisi. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos himenaeos. Vestibulum imperdiet ligula blandit eros viverra tempus. Etiam tristique turpis et vestibulum consequat. Vivamus nec metus dignissim mauris blandit sollicitudin ut sed magna. Praesent a pulvinar augue, sit amet auctor lectus. Curabitur mi velit, congue vel lorem id, viverra vulputate augue. Cras feugiat purus nisi. Maecenas vulputate nulla id mi gravida, sed aliquam libero lobortis. Donec lobortis augue sed bibendum dapibus.

Sed eget nulla at mi euismod tempus vel et leo. Sed sodales at urna a consectetur. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Nunc mollis est eget mi porta, vel pellentesque dui elementum. Pellentesque mattis feugiat est in ultricies. Nullam ac consectetur metus, quis luctus elit. Phasellus tempor volutpat mi, sit amet varius ante sollicitudin ut. Nullam imperdiet scelerisque lorem, et sagittis metus sodales ac. Vestibulum mauris magna, congue vitae ligula sed, laoreet adipiscing neque. Aenean consectetur rhoncus imperdiet. Pellentesque sagittis aliquam dui non vestibulum. Duis porttitor posuere auctor. Sed venenatis fringilla est, vel euismod orci fermentum ac. Nunc euismod, augue eget adipiscing commodo, massa nunc bibendum nisl, ut facilisis tortor nulla id orci. Curabitur eget erat ac mi porta mollis.